未来創造委員会委員長所信

所 信

 

未来創造委員会 委員長 矢田 啓悟

 

私は、昨年度、(一社)豊明青年会議所に入会させていただきました。青年会議所活動の経験・知識共に不足する私に、本年度、未来創造委員会委員長という大役を仰せつかり、誠に恐縮ですが、大野理事長には心より感謝申し上げます。それとともに、その責任の重大さを改めて痛感しております。

さて、昨今においては、少子高齢化社会・日本経済の閉塞感等のマイナスイメージが強く、輝かしい未来を思い描くのは困難ではないかと思います。しかし、そのような時代であるからこそ、青年会議所の活動を通じ、地方の活性化、ひいては日本全体の活性化を目指すという「挑戦」の機会が与えられていると感じております。

未来は、過去・現在がない限り存在しません。上記のマイナスイメージを打破するためには、まず理想の未来を想像し目標設定をすることが必要です。目標が定まれば、そこに向けての道筋を考えることになります。その道筋のヒントは過去の叡智から必ず見つけられると思います。そこで見つけた叡智をヒントに試行錯誤していくことで理想の「未来」が現れると考えております。まさに「未来」は「創造」できるのです。

豊明の輝かしい未来創造のヒントはどこにあるのでしょうか。幸い、豊明には誇るべき歴史・文化・企業があり、それらの魅力を伝える先達も存在します。未来創造委員会は、先達から豊明の魅力を次世代の担い手である青少年に伝えるための架け橋となり、青少年には豊明を愛し、豊明を盛り上げ、豊明の未来を切り拓くための貴重な人財としての自覚を持っていただくことを目標に活動をしていきます。そのためには、多くの人たちから学ぶ機会を設けるため、老若男女を問わず多数の方々が参加できる例会を開催したいと思っております。多数の人と繋がりその上で、一つでも多くの叡智を学び、一人一人が成長できる委員会活動を目指します。

未来創造委員会が行う例会の一つとしてわんぱく相撲があります。「わんぱく相撲豊明場所」は、(一社)豊明青年会議所が継続して開催しております大切な事業です。この相撲を通じて子どもたちは、心身の鍛練はもちろんのこと、自分の力のみで真剣に対戦相手に「挑戦」することにより、その結果として勝ち負けを超えた貴重な経験を得ることができます。この伝統ある「わんぱく相撲豊明場所」の更なる発展に資する方策をメンバーとともに模索し、活動いたします。

最後になりましたが、私は、もとより浅学非才の身でございますので、先輩諸兄姉をはじめ関係各位、(一社)豊明青年会議所のメンバーの皆様には、よろしくご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。