人財育成委員会委員長所信

所信

 

人財育成委員会 委員長 櫻井 俊希

 

本年度、人財育成委員会の委員長という大役を仰せつかったことを、大変光栄に思うとともに、その重責に身の引き締まる思いでございます。(一社)豊明青年会議所に入会させて頂いて、まだ2年に満たない大変未熟な私ではございますが、この大役の重責に押し潰されることなく誠心誠意務めさせて頂く所存でございます。

(一社)豊明青年会議所においては、私も含め入会歴の浅いメンバーが大半を占めています。しかし、入会歴を問わず、私たちメンバーは地域社会や企業において、リーダーとして多様化した価値観の中で、組織の方向性を示していかなければならないと私は考えます。そのためには、絶対的に折れることのない強い精神力を持っていること、高い意識を持ち自ら率先して行動ができること、溢れかえる様々な情報の中から必要な情報を読み取り的確に判断ができること、そして、時々の情勢に応じて柔軟に決断ができることが必要な資質だと考えています。これは、私個人が思い描くリーダーとしての資質でありますが、おそらく、皆さんの思い描くリーダーもこのような資質を兼ね備えているのではないでしょうか。さらに、本年度のメンバー一人ひとりがリーダーとしての資質を兼ね備えたとしても、それが一代限りで終わってしまえば、組織の永続的発展は期待できません。それは、40歳で卒業という青年会議所活動だけのことではなく、社業においても同じであると考えます。

そこで本年度、人財育成委員会では、メンバー一人ひとりがリーダーとしての資質を兼ね備え、地域社会や企業に必要とされる人財となれるように育成を行ってまいります。さらに、次世代のメンバーにも必要とされる資質を引き継ぐことを通して、リーダーとしての資質を兼ね備えた人財を輩出し続ける環境を整えていきたいと考えています。そして、そのことにより組織が永続的に発展していける環境を作り上げることに「挑戦」します。

最後になりましたが「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」という大野理事長の思いを受け、私自身を振り返ると、自分で創り出した機会は数少なく、周りの方々から頂いた機会の方が圧倒的に多いことに気付かされました。これを機に2017年度のスローガンでもあります「挑戦」を実践することにより、メンバーに価値ある機会を創り出せるよう邁進してまいります。そしてまた今回、入会して間もない私に人財育成委員会の委員長という大変貴重な機会を与えてくださった大野理事長に深く感謝するとともに、先輩諸兄姉をはじめ皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。